早稲田スクールは、2021年5月に
創業50周年を迎えました。

「温かく、きちんとした指導」を通して
生徒たちの「がんばる心」「やりぬく自信」を育ててきました。
今までもこれからも、
学習によって自己を伸展させていく力を築き
「将来、真に社会に貢献できる人材」の育成を目指していきます。

NEWS

ニュース

                     

皆様から応募頂いた、「早稲田スクールでの思い出エッセイ&フォト」をご紹介します。

おめでとう! 当スクール卒塾生の富田宇宙(とみた うちゅう)さんが、東京パラリンピックでメダルを獲得しました!
>>塾生・保護者向け広報紙「TRINITY」インタビュー紙面(PDF:3MB)はコチラ

MESSAGE

メッセージ

代表取締役社長 井 泰輔

半世紀守り続けてきたもの
「凡事徹底」「感動創出」

「感動創出」は「凡事徹底」の先にある。早稲田スクールが半世紀もの間、こだわり続けてきた理念です。当たり前のことをきちんとする…簡単なようでとても難しいことです。これは先生も生徒も同じです。
例えば、きちんと準備をして授業に臨むのは先生も生徒も同じ。早稲田スクールの先生は、授業中座ってはならないというルールがあります。70分間『ずっと』です。たとえ生徒が作業中でも、教卓で座っていたら、視野が狭くなり、生徒の様子を把握できないからです。生徒にも授業中はきちんとした姿勢で聞いてもらいます。これが早稲田スクールの当たり前の授業です。
でも、当たり前のことを続けていけば、その先には「学力向上」があり、「合格」が待っています。先生も「授業力向上」につながっていくでしょう。「先生!合格したよ!」という喜びの声、「先生の授業、わかりやすいとうちの子が言っています」という保護者様の感謝、それが感動を生み、新たな感動創出への力となっていくのです。

INTERVIEW

卒塾生インタビュー

弁護士・税理士
清水谷 洋樹さん
プロ野球選手(投手)
大竹 耕太郎さん
医療法人社団 静心会 ソラクリニック理事長・院長
小山 一静さん
学生
水野 雄一郎さん
株式会社 学研ホールディングス 執行役員
川端 篤さん
タレント
村上 めぐみさん
大学事務職員
村上 明子さん
タレント
中村 絵奈さん
医療法人社団やまと やまと在宅診療所登米 院長
田上 佑輔さん
フォーミュラーカードライバー
東 慎之介さん
小学校 養護教諭
藤本 純子さん
KAB熊本朝日放送 報道制作局アナウンサー
内原 健文さん
キャスター
林田 雪菜さん

COLUMN

コラム

対談を読む

HISTORY

50年の歩み

1971
5月熊本市帯山校区、自宅の一角にて創業。当初はそろばん塾であった。早稲田スクールの由来は、創業者の鍋田泰雄(現 理事長)が早稲田大学出身だったため。
1982
有限会社として法人化。県内最難関の熊本高校を目指す塾として認知され始める。その後、熊本高校、済々黌高校の合格者数が県下ナンバー1となる。以後、2021年まで37年間ナンバー1を更新。
1993
初めての分校となる長嶺校を開校。当時帯山校は1校舎で600名を超える生徒がおり、自宅の増築を重ね、隣に別館を建て、近くのビルのテナントまで借りる状況だった。
2001
「株式会社早稲田スクール」設立。翌年に東バイパス沿い5階建ての帯山本社を新築。翌々年に高校部(当時はライブ授業)、個別指導部(早稲田アイ・スタディ)を新規開講する。
2009
株式会社 学習研究社(現 学研ホールディングス)と業務・資本提携。教育業界においてシェアNo.2の規模を誇る学研グループの一員となる。全国各地域の塾と協力体制を組み、日本の未来を担う子どもたちの育成に力を注ぐ。
2021
熊本県下に小中学部16校舎、個別指導部14教室、高校部7校舎を展開。オリコンランキング顧客満足度集団塾・高校受験の枠において九州No.1を2年連続で受賞。生徒数6000名を超えた今も、生徒・保護者様のご期待に沿えるよう、進化し続ける。

Copyright © WASEDA SCHOOL All Rights Reserved.