山元 隆 先生

小・中学部教師 【担当科目】理科

■趣味・特技
仕事かな?
昔は筋トレなどをして体を鍛えていたのですが、忙しくてなかなかできませんね。
塾講師として経験を積んだ今でも、授業の予習時間は減りませんから。
教科書やテキストをしっかり頭に入れることはもちろん、生徒を惹きつけるために、授業の流れをどうするかを考えます。
“間”の取り方や言葉使いなどお笑いのビデオを見て研究することもありますよ。
自分で授業のストーリーを考え、演じる。
さながら自作自演の舞台をつくる感覚に近いですね。
■学生時代の思い出
やる時はやる!
勉強はあまりしていなかったかもしれません(笑)。
危機感を持たないと始められないタイプかもしれませんね。
中学時代は過去最悪の順位になってから奮起しましたし、高校時代も先生に「志望校は絶対に無理だ」と言われてから俄然勉強に打ち込みました。
いったんスイッチが入れば頑張りますね。結果、高校も大学も志望校に合格することができました。
■担当教科について
“好き”と“できる”は違う。
子どもたちには、まず理科を楽しんでもらい、好きになってもらいたい。
そのためには、まず自分が楽しんで授業します。自分が楽しければ、生徒も楽しいし、生徒が楽しければ私も楽しいからです。
ただ、私の授業を聞いて理科を“好き”になるだけではいけません。
理科が“できる”様になるためには、復習や自学が欠かせないのです。だから生徒たちに課題をさせることも私の大切な役割です。
■座右の銘
「ありがとう」
今の自分がここまで来れたのは、生徒がいたからだと思います。
一人ひとりの生徒に出会い、感じ、学び、喜び、様々な経験やパワーを子どもたちからもらいました。
今までの出会いがなければ、今の自分はいません。本当に子どもたちには感謝しています。
ありがとう!これからも生徒一人ひとりに、その子の目線の高さで常に向き合っていきたいと思います。